Caution

お使いのブラウザはJavaScriptが実行できない状態になっております。
当サイトはWebプログラミングの情報サイトの為、
JavaScriptが実行できない環境では正しいコンテンツが提供出来ません。
JavaScriptが実行可能な状態でご閲覧頂くようお願い申し上げます。

CSSプロパティ辞典

overflow

はみ出したコンテンツの表示方法を指定します。

サンプルコード
div.test { overflow: visible;}
div.test1 { overflow: hidden;}
div.test2 { overflow: scroll;}
div.test3 { overflow: auto;}
指定可能な値一覧
概要
visibleはみ出して表示されます。この『visible』が初期値です。
hiddenはみ出した部分は表示されません。
scrollはみ出した部分はスクロールで閲覧できるようになります。
autoはみ出した部分の表示をブラウザに委ねます。一般的なブラウザでは『scroll』と指定した場合と変わりません。
ブラウザでの表示結果
<div style="overflow: visible; border: solid 1px red; width: 200px; height: 100px; margin: 0 auto;">ここは横幅200px、高さ100pxのdiv要素(赤枠の要素)です。はみ出した部分はそのままはみ出して表示されます。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。</div>

<div style="overflow: hidden; border: solid 1px red; width: 200px; height: 100px; margin: 0 auto;">ここは横幅200px、高さ100pxのdiv要素(赤枠の要素)です。はみ出した部分は表示されません。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。</div>

<div style="overflow: scroll; border: solid 1px red; width: 200px; height: 100px; margin: 0 auto;">ここは横幅200px、高さ100pxのdiv要素(赤枠の要素)です。はみ出した部分はスクロールで表示されるようになります。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。</div>

素(赤枠の要素)です。一般的なブラウザでははみ出した部分はスクロールで表示されるようになります。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。</div>

対応ブラウザ
IE6 IE7 IE8 IE9 IE10 IE11 Safari Chrome Firefox Opera

iPhone Safari Android2系 標準ブラウザ Android4系 標準ブラウザ

概要

はみ出したコンテンツの表示方法を指定します。

一般的なブラウザでは『auto』と指定した場合と『scroll』と指定した場合で表示方法に変化はありません。

その他の『overflow』プロパティの使い方として、『visible』以外の値を指定すればフロートされた子要素(浮動要素)の高さを自身の高さに算出できるようになる、という技法があります。『clearfix』と共に良く使用される技法となっていますので、こちらの『float』プロパティの解説と合わせてご覧ください。

<div style="overflow: auto; border: solid 2px #f00;">
	<div style="float: left; width: 200px; background-color: #ff0;">ここはdiv要素です。『float: left』、『width: 200px』と指定しています。</div>
	<div style="float: right; width: 200px; background-color: #00ffff;">ここはdiv要素です。『float: right』、『width: 200px』と指定しています。</div>
</div>

記事の間違いや著作権の侵害等ございましたらお手数ですがこちらまでご連絡頂ければ幸いです。