Caution

お使いのブラウザはJavaScriptが実行できない状態になっております。
当サイトはWebプログラミングの情報サイトの為、
JavaScriptが実行できない環境では正しいコンテンツが提供出来ません。
JavaScriptが実行可能な状態でご閲覧頂くようお願い申し上げます。

CSSプロパティ辞典

font-weight

フォント(文字)の太さを指定できます。

サンプルコード
p.test { font-weight: normal;}
p.test1 { font-weight: bold;}
p.test2 { font-weight: 700;}
指定可能な値一覧
概要
normal標準の太さで表示します。数値で指定した場合の『400』に該当します。これが初期値です。
boldフォントを太字で表示します。数値で指定した場合の『700』に該当します。
lighter継承されたフォントの太さから一段階細くします。
bolder継承されたフォントの太さから一段階太くします。
数値『100』、『200』、『300』、『400』、『500』、『600』、『700』、『800』、『900』の数値で指定できます。しかし、実際のブラウザで安定して動くのは『400』と『700』のみです。
ブラウザでの表示結果
<p style="font-weight: normal;">ここはp要素です。『font-weight: normal』と指定しています。</p>

<p style="font-weight: bold;">ここはp要素です。『font-weight: bold』と指定しています。</p>

対応ブラウザ
IE6 IE7 IE8 IE9 IE10 IE11 Safari Chrome Firefox Opera

iPhone Safari Android2系 標準ブラウザ Android4系 標準ブラウザ

概要

フォントの太さを指定できます。安定して動作する値は『normal』(400)、または『bold』(700)のみです。

数値で細かく指定することも可能ですが、『100』〜『900』までの細かい太さが用意されているフォントはほぼ存在しないため、実際に9段階の太さで文字を表示させることは難しいです。

一般的なブラウザで表示不可能な太さが数値で指定されていた場合、『100』~『500』までが『normal』、『600』~『900』までが『bold』と指定されたものとして解釈されます。

尚、一部のAndroid端末ではOSに組み込まれている日本語フォントに太字が用意されていないため、太字の日本語が表示できない場合があります。ご注意下さい。

記事の間違いや著作権の侵害等ございましたらお手数ですがこちらまでご連絡頂ければ幸いです。